総合Top <2ndTop <3rdTop <4thTop <5thTop <6thTop
ピアスをした猫日記
新宿区立下落合東公園・15年4月分

平成14年7月

平成14年8月 平成14年9月 平成14年10月

平成14年11月

平成14年12月 平成15年1月 平成15年2月

平成15年3月

平成15年5月 平成15年6月 トップページ 平成15年7月

「ピアス猫デジタル写真集」を絶賛発売中。

4月4日(金曜日) 晴れのち曇りのち雨 13℃ PM14:10〜
 サクラ満開の季節でも、ここにサクラはない。
 今日はまだ春休み中なのに、めずらしく誰もいない。
 カボチャとメロンがすぐにやって来た。二匹とも盛んにエサを食べる。今日のエサは公園情報センターの女性委員(スタッフ)から頂いたものです。
 この女性の飼い猫は同じエサばかりを食べていると飽きて、食べなくなると云う。ですらあまっていたエサをいただきました。
 ピアス猫ファミリーにそんな贅沢はない。確かにお姫様のメロンは食が細いが好き嫌いはない。そんなことでは野良稼業は続けられない。今も二匹は美味しそうにボリボリ食う。カボは今日も「もっとくれ」とこっちを睨む。
 ほんとうにありがとう。

4月8日(火曜日) 晴れのち曇りのち雨 18℃ PM13:25〜
 
カボチャがやって来たので「メロも連れてこい」と言い聞かせていると、どこからともなくメロが勝手にやって来た。
 母猫もやって来る。お腹の膨らみも目立つようになった。そのこともあるのだろう、最も食欲があるのはこの母猫である。
 そうした団らんの場所に母猫と同じ紋様のノミ捕り首輪をした猫もやって来た。ピアス猫たちに慌てる様子はない。やはり姻戚関係があるのかもしれない。それにしても近頃、まっ黒や黒白は全く現れない。どこでどうしているのだろうか。もらわれていったのだろうか。




4月11日(金曜日) 晴れのち曇り 15℃ PM13:30〜
 
にぎやかな母子四組が帰っていく。そうしたことが影響しているのだろう。メロンとカボチャをいくら呼んでも出てこない。そのかわり、お腹の大きい母猫がやって来た。母はエサを食べ終えると、めずらしく私のそばへやって来て、ちょこんと座る。そしてこっちを見上げる。何か話でもあるようだ。しかし残念ながら互いの意志は通じない。それでも何となく感じるのは「あんた子供を産んだことあるかい。そうかいあんたは男かい。男ねぇー、私、身体の大きいオトコには弱いのよー」と、考えすぎだろうか。



4月14日(月曜日) 曇り 16℃ PM13:15〜
 
散歩にでも出かけていたメロンと出入口脇で出会う。
 メロンはガリガリ云わせてエサを喰う。こうした姿に男女差は感じない。しかし、しかしである。デジカメのシャッターが下りない。全く下りない。今し方、パソコンに昨日撮った写真200枚ほどを保存した関係で電池切れが起きていたようだ。頭に来る!! 
 これから、ここと椎名町公園のクサイチゴ写真を撮らねばならないのに何たる失態であろうか。
 カボがのそっとやってきたが、小奴のだらしのない姿も撮れない。良かったなぁー、カボよ。


4月15日(火曜日) 小雨 14℃ PM13:35〜
 
朝から小雨が降り続く。こうした日はカボもメロも現れることがない。そう思いつつもやって来た。
 「メロン、カボチャ」と大声で呼ぶ。誰もいないので恥ずかしくない。
 するとどうだろう。メロとカボが一緒にやって来た。エサを置くと真剣に喰う。まだ何も食べていないのかもしれない。カボは食事中に伸びをする。何処かで「雨かぁー」と居眠りしていたのかもしれない。
 メロの座り方が可愛い。写真の通り?である。




4月19日(土曜日) 晴れ 25℃ AM10:15〜
 
花壇の縁に植えられた小さな花々の間からカボチャが出てきた。メロンなら似合うが、カボチャではどうももう一歩か。しかしこれもカボチャのわんぱく坊主ぶりを知っているからで、もし何も知らなければ、それはそれで…やっぱり似合わない。
 メロンもやって来た。二匹は互いに興味を示さないまま、別々のエサを食べる。メロンはエサを食べ終えると、一時蜂か蝶を見ていたが、やがて植え込みに入った。そしてボールを持った父子がやって来ると、メロもカボも何処かへいなくなった。




4月21日(月曜日) 曇りのち晴れ 20℃ PM13:35〜
 カボがやって来た。「メロンはどこだ」と訊くと、隣家の庭先からメロンがやって来た。
 カボチャに比べるとメロンは昆虫などが好きだ。けっこう追い回している。食後、木陰で寝転がっていたメロンはもう一度こっちに出てくると、素速い動きで蜂のようなモノを捕まえると食べてしまった。食後のデザートと云った感じだろうか。
 それに比べると、カボはエサのお代わりをして喜んでいる。全くバカ息子である。私と同じだ、いや私はバカジジイである。




4月22日(火曜日) 快晴 18℃ PM14:10〜
 パーゴラ下で母子が憩いを楽しんでいるすぐ側にメロンがいた。きっとエサでも貰うつもりだろう。
 「メロン」と呼ぶと、どこからともなくカボチャもやって来た。メロンもカボチャも呼び名はどちらでも良いのだろう。
 食後のメロンは「顔を洗い」、その後、近くの草の匂いを嗅ぐ。メロンの表情はやっぱり豊かだ。カボは最後の一粒までエサを食べ続けている。なんだか自分を見ているようで、どうにもこそばゆい。





4月25日(金曜日) 曇り時々雨 17℃ PM14:00〜
 
メロンとカボチャが一緒にやって来た。近頃、そのように現れることが多い。これも母猫の更なる妊娠と関係でもあるのだろうか。
 カボの食欲はいつも通りだが、メロは目の前に置いたエサに全く興味を示さず茂みに戻ってしまった。どこかで旨いエサをたらふく食べてきたのだろうか。それでも「あのバカが来たから顔だけ見せに行くか」と現れてくれたのかもしれない。これには一応感謝する!!


木イチゴ観察記 ピアス猫日記Top

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO